【mineoiPhone】mineo(マイネオ)のiPhone利用時のおすすめプランやMNP利用方法をご紹介!

格安SIMの通信速度は遅いと聞くけど大丈夫なの?

 

 

格安SIMの通信速度ってどうなの?

 

 

これは格安SIMの利用を検討された方が一番最初に思う疑問のひとつです。

 

mineoをはじめ格安SIMの利用で重要となるのは通信速度です。
格安SIMの通信速度や通信品質、不安定さはどうでしょうか。

 

 

格安SIMの通信速度についてご紹介させて頂きます。

 

\mineoのお得な公式サイトはこちらです!/

【mineoiPhone】mineo(マイネオ)のiPhone利用時のおすすめプランやMNP利用方法をご紹介!

トップへもどる

格安SIMの平均通信速度はどのくらい?

格安SIMの通信速度は遅いと聞くけど大丈夫なの??

 

格安SIMの通信速度はサービスが開始した直後はとても不安定になっていました。

 

 

当時は格安SIMキャリアも通信設備が整っておらず
1日あたりや3日当たりで通信上限を設けて1日たった150MBほどの利用で
LTE回線での高速通信が利用出来なくなっていました

 

 

日あたりの通信上限を超えると格安SIMキャリアにもよりますが
平均で200Kbpsの通信速度となりほとんどの通信サービスの利用で
ストレスを感じるほどでした。

 

 

しかし格安SIMキャリアの通信設備が利用者の増加と共に
少しずつ通信設備が増強され今では通信速度に関しては
かなり改善してきている状況となっています。

 

 

現在の所、mineoをはじめ各格安SIMキャリアの
平均通信速度は10Mbpsから15Mbpsほどで安定しています。

 

 

格安SIMの通信速度はかなり安定している!

 

 

ウェブサービスの利用には3Mbps以上が推奨されていますが
そういった点から見てみても格安SIMの通信速度は十分な品質が提供されているといえるでしょう。

 

 

トップへもどる

格安SIMのお昼の通信速度について

 

 

格安SIMの通信速度で一番重要となるのが
お昼の時間帯の通信速度となります。

 

 

格安SIMの通信速度は平均で10Mbps以上となっていますが
お昼の通信速度に関しては1Mbpsから2Mbps程度となり
お昼の時間帯にデータ通信をよく行う方は少し使いずらい印象となっています。

 

 

現在でもお昼の通信速度の低下はほとんどのキャリアで見られ
お昼の通信速度の低下を避けたい方はmineoのプレミアムコースやUQmobileを利用されています。

 

 

ただ、お昼の通信速度の低下も徐々に解消傾向にあり今まではお昼の12時から13時まで
1時間程度だったものが現在では12時30分から13時までの30分程度の速度低下と
使いやすさが以前と比べて確実に向上してきています。

 

 

お昼の通信速度低下に注意!ただ改善しつつある!

 

 

トップへもどる

格安SIMの通信速度最適化について

格安SIMの通信速度は遅いと聞くけど大丈夫なの?

 

格安SIMの通信速度を語るうえで欠かせないのが通信速度の最適化です。

 

 

通信速度の最適化とは主に大手キャリアではソフトバンクが導入して話題となりましたが
画像データなどを一部劣化させて通信を行う事で通信トラフィックの負担を軽減させる技術となっています。

 

 

この技術は格安SIMのデータ通信にも応用され、
主にスマホアプリなど利用者多いデータ通信は快適
利用者の減ってきているwebサイトの表示などは通信速度を抑えて
全体的な通信品質を確保しています。

 

 

理想はすべての通信サービスで通信速度の最適化をせず
スムーズに高速通信する事ですがお得な月額料金を維持するために
通信速度の最適化についてはしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

 

そのため格安SIMでスマホアプリメインの利用の方は利用しやすく
webサイトで調べ物を良くされる方は少し使いずらいといった格差が生まれています。

 

 

また通信速度の最適化は主に午後から行われる事が多く
午前中のデータ通信の利用者が少ない時間帯でどの通信サービスでもかなり快適に使う事が出来ています。

 

 

格安SIMの通信速度最適化はwebサイト表示の時に感じる事がある

 

 

トップへもどる

格安SIMの利用がおすすめでないのはどんな人?

格安SIMの利用がおすすめでないのはどんな人

 

最後に格安SIMの利用がお勧めでない方をご紹介します。

 

 

格安SIMは月額料金が大幅に安くなり大手キャリア比べて5000円以上も節約できる
たいへん素晴らしい通信サービスとなっています。

 

 

この格安SIMサービスの利用がおすすめ出ない方は
なんといっても通信速度にこだわる方となっています。

 

 

現在の格安SIMキャリアは最大で月に30GBものデータ通信が可能になる
大容量プランも発表されています。

 

 

しかしこの大容量プランは主に動画配信サービスなどをよく利用される方向けとなっており、
通信速度の最適化との関係からスマホアプリでの利用が想定されています。

 

そのためパソコンなどにテザリングでつないでwebサービスを利用される予定の方や
大容量のデータファイルの送受信を行う方は使うサービスによって
計測された通信速度ほどの快適なデータの送受信が利用できない可能性があるのです。

 

 

そのためスマホアプリの利用以外で格安SIMで
大容量のデータ通信を行う予定の方はWiMAXなど別の通信サービスを利用した方
結果的に満足度は高くなると行ったことが起きるのです。

 

 

またタブレットに関してはandroid端末やiPadなどのIOS端末がありますが
こちらでの利用はアプリを利用するので特に問題なく利用できると思いますよ。